ピアノレッスンにも、絵本。

2~4歳くらいまでの子のプレピアノレッスンでは、いろいろな教材を使いますが、

みんな大好きな「絵本」もとっても使える教材です。

 

拍子やリズムの感覚、音符の長さなど、音楽には数学的な要素もたくさん出てくるので

「数の概念」を身につけることも大事。

数がテーマの絵本だったり、言葉のリズム感が面白い絵本は、そういうお勉強にとても使えます。

絵も可愛くていい本みつけました。

 

 「くつしたしろくん」

by カエレバ

いろんな柄のかわいいくつしたがいっぱいの表紙。

 

風に飛ばされてひとりぼっちになったくつしたしろくんが、仲間を探していろんなくつしたと出会っていくお話です。

 

 

 

くつしたが並んでいるところでは一緒に指さして数えます。

フラミンゴ、アリ、タコ、かかし、いろんないきものなどの脚の数もわかります。

 

「数がわかる」ということの中には、

例えばお風呂で10まで数えるみたいに、数を「いえる」「よめる」こと、

実際にものを指さしながら「かぞえる」ことができること、

「おおい」「すくない」の認識ができること、いろんな要素があります。

 

音楽の世界では、リズムや拍子、音符の長さや指番号など、

数学的要素が実はたくさんあるので、まずはその理解へとすんなり入れるような学びも大事です。

 

また絵本には、言葉のリズムや韻なんかが面白いものもたくさんあるのでそういうのも使えます。

いろんなやさいが登場して、包丁で切られておなべで煮込まれてお料理が出来上がるお話

「おやさいとんとん」

 

by カエレバ

 

「とんとん」という音がたくさん出てくるので、

「いっしょにお野菜切ってねー」と、リズムまねっこを取り入れながら読んでみたりしました。

 

他にも、朗読をお母さんにお願いして音楽をつけて聴かせてみたり、

絵本を使ってのレッスンは私も大好きです。

レッスンがぐずぐずになってしまっている時の気分転換にも使えます‥

 

いろんなことが学べて、長く使える絵本。

おうちでもできるだけたくさん、お子さんに読んであげたり読ませてみたりしてほしいなと思います!

 

本屋さんで選ぶのもいいですが、こんな面白いサービスもありました。

 

 

「WorldLibrary Parsonal」

絵本の定期購入サービスです。

年齢別に選書されていて、いろんなジャンル、いろんな国の本との出会いを楽しめそう。

 

 

(WorldLibrary Parsonal サイトより)

 

教えるのも、学ぶのもとにかく楽しく!

いろんなものをレッスンにも使っていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。