ピアノ教材

そろそろ、発表会が近いので楽譜を探しに楽器店へ。

 

ピアノの楽譜ってほんと膨大な量で、いつもどれを買うか相当迷います。

子どものための教材、教則本もとてもたくさんあって面白いです。

塗り絵や絵描き歌がついてたり、

合わせて弾いたり歌ったりする用のCDがついてたり、

なにやら小道具がついてたり。。

 

レジ前に行くと、最近発売されたらしい教則本の無料サンプルがあったので

すかさずゲット!

いろんなやり方で、子供の興味をひいて楽しく学べるよう工夫されています。

ふむー。

なるほどね~

 

実は私、某大手音楽教室で講師をしていたことがありました。

テキストも決められたものだけを使い、

がっちり研修やレッスンを受けてマニュアル通り指導。

 

その時とは違って、今は使うテキストも教え方も、全部自由。

ああでもない、こうでもないとやってみるのは、

とても楽しい、けど大変

 

特に幼少期、一番初めの導入期のレッスンは本当に重要で、難しい。

 

音楽って楽しい!!

と、いくつになっても遊ぶように音楽を楽しむことができるようになってほしい。

研究です。

 

それにしても、ピアノの楽譜、教材の多さ!!

マリンバとは比べものになりません…

 

まあピアノと比べたら、マリンバ人口は超少ないし歴史も浅いし、

そりゃそうなんですけど。

 

いつかマリンバのための曲集でも出せたらな、と、思ったりもしてます‥

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。