動く油絵

前から気になっていた映画が近くでやってたので観てきました。

 

 「ゴッホ 最期の手紙」

 

油絵アニメーションというのを初めて見ました。

世界から集められた100人以上の画家が、実写でまず撮られた映画をもとに油絵で1コマ1コマ描くという、

気の遠くなるような手間のかかった作品です。

 

しかも、ゴッホのあの独特な絵のタッチで全て描かれているのがすごい。

これだけの人の手をかけてみんなで一つの作品を作り上げるってものすごいことですよね。。

 

映画というより一つの芸術作品という感覚でした。

あまり詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、

エンドロールあたりは結構「おおおぉ!!」となりました

 

一昨年、「ゴッホとゴーギャン展」

に行ったことがあったので、

ゴッホの作品や生涯について少し知ってはいましたが、

映画を観終わってまた、絵を見てみたくなりました。

 

 

それにしても孤独な生涯。

描き始めて8年で周りに注目されるようにはなったものの全く売れず、

それでも自分を表現する道はこれだけと描き続けて。

 

いろいろ考えさせられます‥

 

ちなみに行ってきた映画館は吉祥寺に去年オープンした小さな所で、まさにこういう作品にはピッタリだったなと思いました。

席数も30くらい。

最前列の超至近距離なかなかよかったです。

 

好き嫌いはあるかもしれませんが、絵が好きな人にはおすすめかなーと思います

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。